• ホーム
  • エアプラスの家
  • 施工事例
  • お客様の声
  • 会社概要
  • お問い合わせ

断熱性や機密性が向上し、
住まいは進化したけれども…。
昔の日本建築は、土壁、木材、紙といった自然素材で構成されていました。風通しも良く室内の空気は自然換気されていたのです。しかし同時にこの構造は、冬寒く、夏暑く、病原菌などが侵入しやすい構造でもありました。一方現代の住まいは、規格部分などにより高気密、高断熱性を実現。しかし機密性の高さは反面、湿気、臭い、ダニなどをこもらせる原因ともなっていました。さらに健康被害の要因とされるのが、建材などから発生する揮発性有機化合物。人体に悪影響を及ぼすシックハウス症候群の元凶として、深刻な問題を生み出してもいるのです。


特許技術「バイオプオテクト技術」が
家の空気をキレイにする
現代の住まいの空気環境を改善するために開発されたのが、特許技術の認定を受けたバイオプロテクト技術「エアプラス®」。これは人に優しい乳酸菌の作用で、良い微生物が発生しやすい空気環境をつくり、空間の空気を自然環境に近い組成に近づける技術。ホルムアルデヒドなど揮発性有機化合物の分解・低減や、病気の原因となる病原菌の低減、過酸化抑制効果による腐敗や臭いの低減など、人が健康的に過ごせるキレイな空気環境を実現する新技術です。『エアプラスの家™』は、この技術を家づくりに発展させた「関西匠の会」の独占ライセンスです。